かく暮らし

絵をかく
言葉をかく
kimiの暮らし

Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
Category
Comment
Mobile
qrcode
Search
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
■□ 買えない味
食べ物 や 食卓 が登場する
物語やエッセイが好きだ

写真よりも絵 絵よりも文字で表現された方が
頭と 嗅覚と 味覚を使って想像できて
美味しさ度が 増すような気がする

どうやら 平松さんも 私と同種の人間らしい

種族名 : くいしんぼう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お金に糸目はつけずとも 買えない味がある

それは 日常の中にあるという平松さんの
暮らしとともにある味が 綴られている

愉快なリズムと 表現力から
平松さん という人がうかがえる
あぁ きっと仲良くなれるに違いない


たとえば こんな表現 ・ ・ ・

『 肴は焙ったイカでいいのは、八代亜紀。
 酒田の料理屋にもらった蛍烏賊を乾かしたの、
 これは家に客があったとき自慢して出せる
 と書いたのは吉田健一。
 どちらも奥歯の深いところに
 じわりと滲んで広がるうまみを思い描かせ、
 にわかにそわそわ、あぁ熱燗が恋しい。 』

見事しか 言いようがありません
最後の 「あぁ熱燗が恋しい」 は
一緒に はもりたいくらい


噛むほどに味わいが増す言葉が ここにあります
| 読む | comments(0) |
■□ スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex